GABIN
不具合報告をする前に試してほしい事
もし不具合報告が起こった場合は、まず次の事で解決しないか試してください。
それでも解決しない場合はBBSで不具合を報告してください。
不具合報告をする場合へ移動
BBSへ移動
ソフトを最新版にアップデートする
まず最初にお使いのソフトを最新版にアップデートして試してください。
最新版は
  • このホームページからダウンロード
  • Vectorからダウンロード
のどちらから入手しても構いません。
最新版にアップデートしたら正常動作しないか試してください。
この項目は何を試そうとしているのか
最新版なら正常動作する可能性があります。
古いバージョンのままで不具合報告をする方が結構いらっしゃいます。
AcTextのバッチ処理で処理したファイルが読み取り専用になる場合
必ずそうだとは限りませんが、処理後のファイルのアクセス権限が変わっているのかもしれません。
どんな事が考えられるか
例えばAcTextのアクセス権が上位(例えば管理者権限)になっている可能性があります。
バッチ処理は最後にAcText自身がファイルの移動やコピーを行ってファイルのバックアップ(.bakを作る等)を実行します。
AcText自身が直接行うので仕上がったファイルにもAcTextと同じ上位のアクセス権が付与されてしまって読み取り専用になっている可能性があります。
次の事を確認してください
  • AcTextをC:¥Program Filesの中にインストールしている場合は、それ以外のフォルダにインストールし直してください。
    C:¥Program Filesは特殊なフォルダであるため、古いソフトであるAcTextとは相性が悪いです。
    この時の注意事項として今のAcTextをコピーせずに、新しくインストールしてください。
    C:¥Program Filesにインストールした時点でAcText自身のアクセス権限が変わっている可能性があるからです。
  • AcTextを管理者権限で実行している場合、管理者権限を外した形でインストールし直してください。
    通常であればAcTextに管理者権限は不要です。
    この時の注意事項として今のAcTextの権限を変えるのではなく、新しくインストールしてください。
    もし最初から管理者権限で実行していたならAcTextが自動生成したIniファイルや作業フォルダも管理者権限になっていると思われるからです。
同じDWGファイルで毎回「Critical Error」というエラーが出て終了する場合
通常であれば「Critical Error」が出ても作業をやり直せばいいだけですが、何回やっても同じDWGファイルで毎回「Critical Error」になってしまうならDWGファイルが破損している可能性が高いと思われます。
下記の「DWGファイルが破損していないか試してみる」の項目を見てDWGファイルの修復を試してください。
ところで「Critical Error」とは何か
簡単に言えばそれ以上AutoCADの操作が続行できないと判断されるエラーの総称です。
※作者が勝手にそう呼んでいるだけで「Critical Error」という用語がAutoCADにあるわけではありません。
Critical Errorは下記のような場合に発生します
  • AutoCADが強制終了のダイアログを出した場合
    AutoCADがフェイタルエラー等の強制終了を意味するダイアログが出した時などです。
  • AutoCADが何のダイアログも出さずに突然落ちた場合
    滅多に無いですが、AutoCADが何のダイアログも出ずに突然落ちる事があります。
    これも強制終了の一種です。
  • AutoCADが「まだ実行中です」のダイアログを出した場合
    これはAutoCADの強制終了ではありません。
    AutoCADが「まだ他のコマンドを実行している途中だよ!」だと文句を言っているだけです。
    しかし私のソフトは基本的にこれが出ないように作ってありますので、これが出るという事はAutoCADの操作に失敗しているという事になります。
    このまま操作を続行するのは危険なので「Critical Error」として扱って中断するようにしています。
DWGファイルが破損していないか試してみる
この項目は特定のDWGファイルだけで不具合が発生するなら必ず試してください。
確認方法が少々面倒ですが、これが原因になっている可能性が結構高いためです。
この項目は何を試そうとしているのか
AutoCADではDWGファイルが破損していても普通に使える事があります。
AutoCADが何の警告も出さないため破損している事に気が付かないまま使っているのかもしれません。
これが正常動作しなくなる理由
この手のDWGファイルはAutoCADにDXFを作らせても正常なDXFが出来上がりません。
私の作ったソフトでは処理の途中でAutoCADに作らせたDXFを読み込む事があります
しかし正常なDXFで無ければ読み込むことが出来ないためエラーになってしまいます。
破損しているか確認する方法
AutoCADの修復機能を使って問題のDWGファイルの修復を試してください。
AutoCADのメニューから修復ウインドウを開く事が出来ます。
そこで問題のDWGファイルの修復を実行し、それで正常動作しないか試してください。

※AutoCADのバージョンや状況によって場所が違っていますので、メニューの中から「修復」という項目を探してください。
破損していた場合の対処方法
AutoCADの修復機能を使った時点で既にDWGファイルの修復が行われています。
ここで修復に成功していれば不具合が直ります。
しかし修復に失敗しているなら残念ですが対処方法はありません。
異常なDXFを作るDWGファイルになっていないか試してみる
この項目は特定のDWGファイルだけで不具合が発生するなら必ず試してください。
確認方法が少々面倒ですが、これが原因になっている可能性が結構高いためです。
この項目は何を試そうとしているのか
AutoCADでは異常なDXFを作ってしまうDWGファイルでも普通に使える事があります。(上記とは別の問題です)
AutoCADが何の警告も出さないため異常がある事に気が付かないまま使っているのかもしれません。
これが正常動作しなくなる理由
この手のDWGファイルはAutoCADにDXFを作らせても、そのDXFを作ったAutoCAD自身でも読み込めないDXFが出来上がります。
私の作ったソフトでは処理の途中でAutoCADに作らせたDXFを編集し、それをAutoCADに読み込ませる事があります。
しかしAutoCADが読み込めないのでエラーになってしまいます。
異常があるか確認する方法
AutoCAD上で問題のDWGファイルのDXFを作り、それをAutoCADで読み込めるか試してください。
これが原因だった場合、そのDXFを作ったAutoCAD自身でも読み込めないDXFが出来上がるのでエラーになります。
もし読み込めないなら異常があるDWGファイルになります。
破損していた場合の対処方法
これが原因だった場合、AutoCADの修復機能でも修復出来ません。
今のところ有効な回避手段がわからないため残念ですが対処方法はありません。
常駐ソフトがあるなら、それらを止めてみる
もしお使いのパソコンに
  • ウイルス対策ソフト
  • クリップボードの便利ツール
等の常駐ソフトがあるなら、それらを止めてみると正常動作しないか試してください。
この項目は何を試そうとしているのか
私の作ったソフトは簡単に言えば人間に代わってAutoCADを操作しているだけです。
それゆえに常駐ソフトによって操作を邪魔されてしまう事もあります。
これが原因だった場合
これが原因だった場合はBBSに不具合報告をしてください。
わざわざ常駐ソフトを止めなくてもソフト側で回避出来ないか検証してみます。
問題のDWGファイルをコピーしたり、ファイル名を変えてみる
問題のDWGファイルを
  • 別のフォルダ内にコピー
  • ファイル名を変えてみる
とすると正常動作しないか試してください。
この項目は何を試そうとしているのか
確率は低いですが、
  • ファイルパスが長すぎる
  • ファイルパスに変な文字が使われている
  • ファイルへのアクセスに何らかの権限等が必要
等の理由で不具合が発生している可能性があります。
これが原因だった場合
これが原因だった場合はBBSに不具合報告をしてください。
ソフト側で回避出来ないか検証してみます。
別の環境でも同様の事になるか試してみる
この項目は別の環境でも試せる場合に試してください。
例えば
  • 同じパソコンの中に、違うバージョンのAutoCADがインストールされている
  • 他にもAutoCADがインストールされているパソコンがある
等といった別のAutoCADでも試す事が出来るなら、そちらでも同様の事になるか試してください。
この項目は何を試そうとしているのか
私の作ったソフトは簡単に言えば人間に代わってAutoCADを操作しているだけです。
それゆえにAutoCADの設定の影響を強く受けます。
設定が違っていると操作に対するAutoCADの反応が変わるからです。
もしかするとお使いのAutoCADの設定が他と違っている為に不具合が起こっているのかもしれません。
これが原因だった場合
これが原因だった場合はBBSに不具合報告をしてください。
ソフト側で回避出来ないか検証してみます。
「ファイルが開けない」等のエラーが出る場合
この項目はAutoCADを管理者権限で実行している場合のみ試してください。
使用しているソフトの方も「管理者権限」で実行してみると正常動作しないか試してください。
普通はAutoCADを管理者権限で実行なんてしないと思いますが・・・念のため掲載しておきます。
この項目は何を試そうとしているのか
もしAutoCADを管理者権限で実行している場合、こちらのソフトも管理者権限で実行しないとAutoCADにファイルを開かせる時に開けなくてエラーになるはずです。
何故そうなるのか
私の作ったソフトがAutoCADにファイルを開かせる場合、AutoCADへのドラッグ&ドロップを擬似的に行うからです。
実はドラッグ&ドロップというものは相手と同等以上の権限を持たないとWindowsによってブロックされてしまいます。
これはWindows上で動くソフトなら全て同様ですので、例えばエクスプローラから管理者権限のAutoCADにドラッグ&ドロップする時も起こります。
そのため「AutoCADが管理者権限」で「こちらのソフトが通常権限」だと、こちらのソフトがAutoCADより権限が低いのでファイルを開かせる為にドラッグ&ドロップを擬似的に行ってもブロックされて失敗します。
これが原因だった場合
次のように対処して頂くしかありません。
  • AutoCADを管理者権限で実行しなくてもいいなら、AutoCADを通常権限で実行するようにしてください。
  • 上記の事が出来ないなら、使用しているソフトを予め管理者権限で実行するようにしてください。
「ファイルが開けない」等のエラーが出る場合 その2
「1つのAutoCAD上で複数の図面を同時に開けるか」試してください。
もし1つのAutoCAD上で1つの図面しか開けないならAutoCADがSDIモードになっていますので、SDIモードを解除すると正常動作しないか試してください。
この項目は何を試そうとしているのか
あまりそうしないとは思いますがAutoCADにはSDIモードという機能があります。
しかしSDIモードでの使用は想定外ですので正常動作しない可能性が高いです。
SDIモードとは?
簡単に言えば「1つのAutoCAD上で複数の図面を同時に開けなくする」モードです。
古いAutoCADとの互換のために用意されている機能のようです。
古いAutoCADは複数の図面を同時に開けなかった為です。
これが原因だった場合
SDIモードでの使用は想定外です。
申し訳ありませんがSDIモードでは使わないようにしてください。
AutoCADでファイル関係のダイアログが表示されなくなった場合
システム変数FILEDIAが0(ダイアログを表示しない)になっていないか確認してください。
  1. AutoCADで何でもいいので図面を開いた状態する。(図面を開いていないと下記のコマンドが打てない為)
  2. キーボードからFILEDIAと入力してENTERキーを押す。コマンド: FILEDIA↵
  3. 次のメッセージの後ろに⟨0⟩と表示されるか確認してください。FILEDIA の新しい値を入力 ⟨0⟩:
もし上記の方法で⟨0⟩になっていたならこれが原因です。
この項目は何を試そうとしているのか
AutoCADのシステム変数FILEDIAが0(ダイアログを表示しない)になっていないか確認します。
私の作ったソフトはAutoCAD上でダイアログが表示されると邪魔になってしまう為
  1. 必要ならFILEDIAを0(ダイアログを表示しない)に変更
  2. 作業を行なう
  3. FILEDIAを元の値に復元
と、するように作っていますが、「復元する前にAutoCADが強制終了してしまった」等の理由で復元が出来ずに終わってしまう事がある為です。
FILEDIAとは?
AutoCADのシステム変数のひとつです。
0か1を設定する事で、AutoCADでファイル関係のダイアログを表示するかどうかを選択する事が出来ます。
  • 1の場合・・・ダイアログが表示されます。通常はこちらが選択されています。
  • 0の場合・・・ダイアログが表示されません。
これが原因だった場合
下記のようにして直してください。
  1. AutoCADで何でもいいので図面を開いた状態する。(図面を開いていないと下記のコマンドが打てない為)
  2. キーボードからFILEDIAと入力してENTERキーを押す。コマンド: FILEDIA↵
  3. キーボードから1と入力してENTERキーを押す。FILEDIA の新しい値を入力 ⟨0⟩: 1↵
  4. これで完了です。